診療内容
ガン免疫強化療法
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
アトピー性皮膚炎治療
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
多発性関節リウマチ治療
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そううつ病治療
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
薬物デトックス療法
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ゲルマニウム療法
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
パプラール療法
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
アメジスト温熱療法
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
フルーツ断食
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ビタミンC大量療法
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
脳神経外科
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
内科
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
心理的サポート
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
健康管理
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    Company
株式会社日本免疫活性医学研究所
健康畑せたがや
ガーデンクリニック中町
〒158-0091 
東京都世田谷区中町4丁目5番3号
Tel:03-5706-9670 Fax:03-5706-9371
info@kenkobatake.com
 
当クリニックでは、現代医学と科学的根拠ある代替療法、補完医療をとりいれた統合医療(Integrative Medicine)の良い点を取り入れながら、個々の患者に最も適切な治療を行ないます。また、患者本来の自然治癒力を高め精神的なケアも行なってまいります。 詳細
 
アトピー性皮膚炎の治療は、スキンケア、アレルギー反応の抑制、および、炎症の抑制の3点に分けられます。皮膚炎の症状や程度は一人一人異なるため、使われる方法も手順もさまざまです。主として湿疹の症状をまず改善し、症状が治まったら皮膚炎を予防する治療を行っていきます。
 
関節リウマチは自己免疫疾患であり、遺伝素因とも密接に関係していると言われますが、発症の直接の引き金は、生体恒常性(ホメオスターシス)の乱れからくる代謝異常であると考えられます。当クリニックでは、真の原因を探し、根本的な治療を行い、患者様本来の元気を取り戻していただくために、必要に応じて西洋医学と東洋医学を併用する統合医療を行っています。
 
そううつ病とは、内因性精神病の一つで、快活な気分が支配的になるそう状態と、憂鬱な気分が支配的になる鬱状態とが交互に、または、どちらかの一方だけが現れ、中間期には正常な精神状態になります。当クリニックでは、投薬並びにストレス管理などの指導を行い治療してまいります。
 
私たちは、普通に生活しているだけで食事・皮膚・呼吸などから自然に有毒な物質(毒素)を身体にためこんでしまっています。「デトックス(detox)」とは解毒を意味し、知らず知らずのうちに、体にためこんでしまった有害物質や毒素を解毒・排出し、それぞれの体が本来持つ力を取り戻し、身体の機能を正常化していきます。
 
ゲルマニウムにより、免疫細胞「T細胞」を刺激し、体内で「インターフェロンγ型」が産生される働きを助け、ガン細胞を破壊するリンパ球「NK細胞」やガン細胞などの異物を捕食する「マクロファージ」の活性化します。
 
当クリニックでは、パプラールにより、体にさまざまな悪影響を及ぼす、活性酸素を除去し、治療に役立てています。
パプラールは、野口英世博士が創案し、石塚三郎によって、開発された白金パラジウムのコロイド溶液製剤です。
詳細
 
アメジスト(紫水晶)パワー、トルマリン、宝石パワー、マイナスイオン、遠赤外線、波動、温熱効果による相乗効果で、人間が本来持っている自然治癒力を高めさまざまな治療の手助けを行います。
 
1泊2日のフルーツ断食
◇1ヶ月に1回のフルーツ断食は、各細胞を休ませるだけではなく細胞にたまった毒素を吐き出す効果があります。
◇フルーツの酵素が排泄作業に回り、体内クレンジングで、腸をすっきりし爽快感があり、太った人には抜群のダイエット効果あります。そのうえ肌が美しくなり果物に含まれているファイトケミカルが疲れを取り、がん細胞の成長増殖を阻止し、心臓病や脳卒中のリスクを減らしてくれます。さらにアレルギー症状の緩和にも役立ちます。
とにかく“元気”になりますのお試しください。
 
 2005年にアメリカ国立衛生研究所(NIH)の科学者が「高濃度アスコルビン酸(ビタミンC)の点滴がガン細胞に対してだけ選択的に毒性として働く」と発表しました。つまり、高濃度のビタミンCがガン細胞に対して抗ガン剤として作用するというものです。さらにこの作用は、ウィルス感染症治療に対しても役立つと発表しています。
  ビタミンCは通常の抗ガン剤とは異なり副作用がないのが特長で、ガン細胞に対する選択的攻撃力が高く、現在ガン手術後の再発防止や新たな補助療法として、アメリカの国立ガン研究所(NCI)や国立衛生研究所(NIH)において研究が進められている最先端のガン治療法です。
 
脳神経外科では脳卒中(脳動脈瘤、脳梗塞、脳出血など)、脳腫瘍、頭部外傷、機能的疾患、脊髄疾患、小児脳神経疾患などの診療を行っております。
 
当クリニックでは、糖尿病、高血圧を中心とする生活習慣病の専門的診療と内科の一般的な病気(かぜ、インフルエンザ等)のプライマリ・ケアを行っています。
 
◇当クリニックでは、一人一人の患者様と向き合いながら、患者と家族への心理的なサポート常に行っております。
◇カウンセラーは、患者さんの話をじっくり聴いて、今どんな悩みや問題を抱えているのか、それをどう解決していきたいと思っているのかを共に考え整理して引き出していく役割を果たします。
◇私たちガーデンクリニックのテーマは、“心のこもった質の高いケア。”利用者が安心感や自信、自分らしい生活を取り戻せるよう、医師・専門スタッフが、親身な治療とカウンセリングを行っていきます。まずはお気軽にお問い合わせください。
 
◇当クリニックでは、年に一回 免疫ドック・脳ドック・全身ドック(健康を維持するために集中的に身体を検査し異状の有無を確認する検査)を行います。
◇検査結果は、必ず複数の専門医で確認するなど、より入念な診断態勢を確立。ていねいでわかりやすい結果報告のご説明に加え、健康生活のアドバイスもいたします。
Copyright (C)Japan Immune Activation Medical Research Institute CO., LTD